CSS

CSSとは、Cascading Style Sheets(カスケーディング・スタイル・シート)の略で、ウェブページのレイアウトや装飾などのスタイルを指定するための言語です。
文書のスタイルを指定する技術全般をスタイルシートといい、HTMLやXHTMLなどで生成されるウェブページにスタイルを指定する場合に、一般的にCSSが利用されます。

HTMLのみでもウェブページを作成することは可能ですが、CSSと組み合わせることで、シンプルな記述が行えるようになります。
本来、HTMLはウェブページ内の各要素の意味や情報構造の定義を行う言語で、CSSはそれらを装飾するための言語です。

CSSの導入は、HTMLをシンプルな記述にし、SEOの効果を高めることができるほか、サイトのデザイン部分を共通化することでデザイン調整が楽になったりもします。

各種ブログサービスやWordPressなどCMSでサイト構築する場合でも、デザインのカスタマイズの為にぜひ習得しておきたい言語です。

関連記事

no image

独自ドメイン

独自ドメインとは、レンタルサーバーやブログサービスなどを契約した時に付与されるドメイン(サブドメイン

記事を読む

no image

データベース(DB)

データベース(DB)とは、特定のテーマに沿ったデータを集めて管理し、容易に検索・抽出などの再利用をで

記事を読む

no image

IPアドレス

IPアドレスとは、IPでネットワーク上の機器を識別するために指定するネットワーク層における識別用の番

記事を読む

no image

WordPress

WordPressとは、MySQLとPHPを利用したオープンソースなソフトウェアです。 一般的にブ

記事を読む

no image

CGI

CGIとは、Common Gateway Interface(コモン・ゲートウェイ・インタフェース)

記事を読む

no image

HTML

HTMLとは、HyperText Markup Languageの略で、ウェブ上の文書を記述するため

記事を読む

no image

相対パス

ハードディスクやホームページなどで、ファイルやフォルダの所在を示す文字列(パス)の表記法の一つで、起

記事を読む

no image

サーバー稼働率

サーバー稼働率とは、その名の通り、サーバーが稼働している割合のことです。 数値が高ければ高いほど安

記事を読む

no image

データセンター

データセンターとは、コンピュータやデータ通信などの装置を設置・運用することを目的とした施設のことです

記事を読む

no image

ディスク容量

ディスク容量とは、ハードディスクの容量のことです。 レンタルサーバーにおいては、サーバー上で利用可

記事を読む

PAGE TOP ↑