データ転送量

データ転送量とは、Webサイトが設置されているサーバから送出されるデータ量のことです。
サイトへのアクセスが多いほど転送量も増加します。

レンタルサーバーでは、サーバーの負荷軽減のためにデータ転送量が制限されている場合があります。
転送量が無制限と表示されているところも、おおよその目安が設定されていることが多く、超過の際に制限がついたり、プラン変更や専用サーバーを勧められることがあります。


データ転送量の計算方法

転送量は下記の計算式で求めることができます。
1ページの容量 × アクセス数 = 転送量
例えば、1ページあたり100KBのページに10,000件のアクセスがあった場合は
100KB × 10,000PV = 1,000,000KB(1GB)
となります。

レンタルサーバーによっては、管理画面で月間の転送量を確認できるところもあるので、そういった場合は一度確認してみるとよいでしょう。

関連記事

no image

ssh

sshとはSecure Shellの略で、暗号や認証の技術を利用して、安全にリモートコンピュータと通

記事を読む

no image

MySQL

MySQLとは、PostgreSQLと並ぶオープンソースRDBMSの一つで、世界で最も利用されている

記事を読む

no image

Movable Type

Movable Typeとは、Six Apart社が開発したウェブログシステムで、WordPress

記事を読む

no image

マルチドメイン

マルチドメインとは、1つのサーバーに複数のドメインを設定することです。 現在のレンタルサーバーでは

記事を読む

no image

ドメイン

ドメインとは、ネットワークに接続しているコンピュータの場所を示すもので、いわばインターネット上の「住

記事を読む

no image

SEO

SEOとはSearch Engine Optimizationの略で、日本語では「検索エンジン最適化

記事を読む

no image

iDC(インターネットデータセンター)

iDC(インターネットデータセンター)とは、利用者のサーバーを預かり、インターネットへの接続回線や保

記事を読む

no image

DNS

DNSとは、Domain Name System(ドメインネームシステム)の略で、主にホスト名(ドメ

記事を読む

no image

FTP

FTPとは、TCP/IPネットワークでファイルを転送するときに使われるプロトコルのことです。 FT

記事を読む

no image

Apache

Apache(アパッチ)とは、HTTPサーバソフトウェアの一つで、多くのレンタルサーバーで採用されて

記事を読む

PAGE TOP ↑