データ転送量

データ転送量とは、Webサイトが設置されているサーバから送出されるデータ量のことです。
サイトへのアクセスが多いほど転送量も増加します。

レンタルサーバーでは、サーバーの負荷軽減のためにデータ転送量が制限されている場合があります。
転送量が無制限と表示されているところも、おおよその目安が設定されていることが多く、超過の際に制限がついたり、プラン変更や専用サーバーを勧められることがあります。


データ転送量の計算方法

転送量は下記の計算式で求めることができます。
1ページの容量 × アクセス数 = 転送量
例えば、1ページあたり100KBのページに10,000件のアクセスがあった場合は
100KB × 10,000PV = 1,000,000KB(1GB)
となります。

レンタルサーバーによっては、管理画面で月間の転送量を確認できるところもあるので、そういった場合は一度確認してみるとよいでしょう。

関連記事

no image

MySQL

MySQLとは、PostgreSQLと並ぶオープンソースRDBMSの一つで、世界で最も利用されている

記事を読む

no image

VPS

VPS(バーチャル・プライベート・サーバ)とは、共用サーバー上で個々のユーザーに対して専用サーバのよ

記事を読む

no image

IPアドレス

IPアドレスとは、IPでネットワーク上の機器を識別するために指定するネットワーク層における識別用の番

記事を読む

no image

リダイレクト

リダイレクトとは、あるURLにアクセスした際に、自動的に他のURLに転送させる仕組みのことです。

記事を読む

no image

絶対パス

ハードディスクやホームページなどで、ファイルやフォルダの所在を示す文字列(パス)の表記法の一つで、目

記事を読む

no image

マルチドメイン

マルチドメインとは、1つのサーバーに複数のドメインを設定することです。 現在のレンタルサーバーでは

記事を読む

no image

ディスク容量

ディスク容量とは、ハードディスクの容量のことです。 レンタルサーバーにおいては、サーバー上で利用可

記事を読む

no image

共用サーバー

共用サーバーとは、1台のサーバーを複数のユーザーでシェアする形態のことです。 専用サーバーのように

記事を読む

no image

相対パス

ハードディスクやホームページなどで、ファイルやフォルダの所在を示す文字列(パス)の表記法の一つで、起

記事を読む

no image

Webメール

Webメール(ウェブメール)とは、IEやChromeなどのウェブブラウザを上でメールの送受信が行える

記事を読む

PAGE TOP ↑