DNS

DNSとは、Domain Name System(ドメインネームシステム)の略で、主にホスト名(ドメイン名)をIPアドレスに変換したり、IP アドレスをホスト名に変換する仕組みです。

ドメイン自体はIPアドレスを持っていないので、これらを紐づける必要があります。
この情報を保持しているのがDNSサーバーで、ブラウザなどからのアクセス時に名前解決を行い、返答します。

あくまでも用語の説明なので、詳しい仕組みは必要に応じて調べてください。

関連記事

no image

HTML

HTMLとは、HyperText Markup Languageの略で、ウェブ上の文書を記述するため

記事を読む

no image

死活監視

死活監視とは、Webサイト(Webサーバー)やシステムが動作しているかどうか、別のシステムから確認す

記事を読む

no image

アクセスログ

アクセスログとは、Webサーバーへのアクセス時間や接続元のIPアドレス、ユーザーエージェントなどの記

記事を読む

no image

専用サーバー

専用サーバーとは、1台のサーバーを1人のユーザーが占有できるサービスのことです。 多くが共有サーバ

記事を読む

no image

サブドメイン

サブドメインとは、独自ドメインを細かく区分けするために任意で作成するドメイン名のことです。 (

記事を読む

no image

サーバー稼働率

サーバー稼働率とは、その名の通り、サーバーが稼働している割合のことです。 数値が高ければ高いほど安

記事を読む

no image

ディスク容量

ディスク容量とは、ハードディスクの容量のことです。 レンタルサーバーにおいては、サーバー上で利用可

記事を読む

no image

ドメイン

ドメインとは、ネットワークに接続しているコンピュータの場所を示すもので、いわばインターネット上の「住

記事を読む

no image

日本語ドメイン

日本語ドメインとは、その名の通り日本語のドメインのことです。 「法律相談.com」や、「修学旅行.

記事を読む

no image

Webメール

Webメール(ウェブメール)とは、IEやChromeなどのウェブブラウザを上でメールの送受信が行える

記事を読む

PAGE TOP ↑