DNS

DNSとは、Domain Name System(ドメインネームシステム)の略で、主にホスト名(ドメイン名)をIPアドレスに変換したり、IP アドレスをホスト名に変換する仕組みです。

ドメイン自体はIPアドレスを持っていないので、これらを紐づける必要があります。
この情報を保持しているのがDNSサーバーで、ブラウザなどからのアクセス時に名前解決を行い、返答します。

あくまでも用語の説明なので、詳しい仕組みは必要に応じて調べてください。

関連記事

no image

絶対パス

ハードディスクやホームページなどで、ファイルやフォルダの所在を示す文字列(パス)の表記法の一つで、目

記事を読む

no image

データ転送量

データ転送量とは、Webサイトが設置されているサーバから送出されるデータ量のことです。 サイトへの

記事を読む

no image

IPアドレス

IPアドレスとは、IPでネットワーク上の機器を識別するために指定するネットワーク層における識別用の番

記事を読む

no image

.htaccess

.htaccess(ドットエイチティーアクセス)とは、ApacheなどのWEBサーバの設定ファイルの

記事を読む

no image

専用サーバー

専用サーバーとは、1台のサーバーを1人のユーザーが占有できるサービスのことです。 多くが共有サーバ

記事を読む

no image

死活監視

死活監視とは、Webサイト(Webサーバー)やシステムが動作しているかどうか、別のシステムから確認す

記事を読む

no image

アクセス解析

アクセス解析とは、アクセスログを分析してサイトの訪問数やページビューなどのデータを得ることをいいます

記事を読む

no image

CGI

CGIとは、Common Gateway Interface(コモン・ゲートウェイ・インタフェース)

記事を読む

no image

相対パス

ハードディスクやホームページなどで、ファイルやフォルダの所在を示す文字列(パス)の表記法の一つで、起

記事を読む

no image

Document root

Document root(ドキュメントルート)とは、Apacheなどのウェブサーバー上でhtml等

記事を読む

PAGE TOP ↑