共用サーバー

共用サーバーとは、1台のサーバーを複数のユーザーでシェアする形態のことです。
専用サーバーのように利用できるVPSもこの共用サーバーのうちに入りますが、レンタルサーバーにおいては別で扱われるのでここでは含めません。

共用サーバーは、1台のサーバーや回線を複数で利用するので、低コストで提供されています。
ただ、専用サーバーやVPSに比べてカスタマイズ性が低く、他の利用者によるサーバーリソース使用の影響も受ける可能性があります。
とはいっても、インターネット上に公開されている多くのサイトが共用サーバーを利用しており、比較的コストをかけずに運用できるため、これらによるパフォーマンス悪化等が見られない場合は、あまり気にしなくても大丈夫です。

もちろん、管理するサイトへのアクセスが多く、サーバーのリソースを大きく使用してしまう場合は、他の利用者の方への影響が出てしまうので、プランの変更や専用サーバー・VPSなどへの移転をしてください。
大抵はレンタルサーバーの提供会社から連絡があり、会社によっては移転作業を行ってくれるところもあります。

関連記事

no image

CMS

CMSとはコンテンツマネジメントシステムの略で、Webサイトやブログなどの、いわば管理システムのこと

記事を読む

no image

データセンター

データセンターとは、コンピュータやデータ通信などの装置を設置・運用することを目的とした施設のことです

記事を読む

no image

相対パス

ハードディスクやホームページなどで、ファイルやフォルダの所在を示す文字列(パス)の表記法の一つで、起

記事を読む

no image

データベース(DB)

データベース(DB)とは、特定のテーマに沿ったデータを集めて管理し、容易に検索・抽出などの再利用をで

記事を読む

no image

サーバー稼働率

サーバー稼働率とは、その名の通り、サーバーが稼働している割合のことです。 数値が高ければ高いほど安

記事を読む

no image

CSS

CSSとは、Cascading Style Sheets(カスケーディング・スタイル・シート)の略で

記事を読む

no image

サブドメイン

サブドメインとは、独自ドメインを細かく区分けするために任意で作成するドメイン名のことです。 (

記事を読む

no image

データ転送量

データ転送量とは、Webサイトが設置されているサーバから送出されるデータ量のことです。 サイトへの

記事を読む

no image

マルチドメイン

マルチドメインとは、1つのサーバーに複数のドメインを設定することです。 現在のレンタルサーバーでは

記事を読む

no image

nginx

nginx(エンジンエックス)とは、フリーかつオープンソースのWebサーバです。 HTTP、SMT

記事を読む

PAGE TOP ↑