専用サーバー

専用サーバーとは、1台のサーバーを1人のユーザーが占有できるサービスのことです。
多くが共有サーバーよりもスペックが高く、他のユーザーによるリソースの使用がないため、サーバーの性能をフルに活用できます。

また、共有サーバーより高コストとなりますが、サポート体制やセキュリティ面などがしっかりしており、安定した運用が可能です。

最近では共用サーバーを専用サーバーのように利用できるVPS(仮想専用サーバー)といったサービスもあるので、アクセス数やコストのバランスによって使い分けるのが良いでしょう。

関連記事

no image

Webメール

Webメール(ウェブメール)とは、IEやChromeなどのウェブブラウザを上でメールの送受信が行える

記事を読む

no image

アクセスログ

アクセスログとは、Webサーバーへのアクセス時間や接続元のIPアドレス、ユーザーエージェントなどの記

記事を読む

no image

IPアドレス

IPアドレスとは、IPでネットワーク上の機器を識別するために指定するネットワーク層における識別用の番

記事を読む

no image

CGI

CGIとは、Common Gateway Interface(コモン・ゲートウェイ・インタフェース)

記事を読む

no image

nginx

nginx(エンジンエックス)とは、フリーかつオープンソースのWebサーバです。 HTTP、SMT

記事を読む

no image

WordPress

WordPressとは、MySQLとPHPを利用したオープンソースなソフトウェアです。 一般的にブ

記事を読む

no image

Movable Type

Movable Typeとは、Six Apart社が開発したウェブログシステムで、WordPress

記事を読む

no image

データセンター

データセンターとは、コンピュータやデータ通信などの装置を設置・運用することを目的とした施設のことです

記事を読む

no image

共用サーバー

共用サーバーとは、1台のサーバーを複数のユーザーでシェアする形態のことです。 専用サーバーのように

記事を読む

no image

FTP

FTPとは、TCP/IPネットワークでファイルを転送するときに使われるプロトコルのことです。 FT

記事を読む

PAGE TOP ↑