相対パス

ハードディスクやホームページなどで、ファイルやフォルダの所在を示す文字列(パス)の表記法の一つで、起点となる現在位置から、目的のファイルやフォルダまでの道筋を記述する方式です。
起点から1階層上のファイルにアクセスする場合は「../ファイル名」、2階層上のファイルにアクセスする場合は「../../ファイル名」といった形で記述します。

(例)
ルートディレクトリ
├images
│├hoge.png
│└hage.png
└page
 └index.html(現在位置)

起点となるindex.html(現在位置)にimagesフォルダ内のhoge.pngを掲載したい場合、相対パスでは以下のように記述します。


となります。

なお、道筋を省略せずにすべて記述する方式を絶対パス(フルパス)と呼びます。

WordPressでは絶対パス、DreamweaverなどのHP作成ソフトでは相対パスになるのが一般的です。
SEO的にはどちらでも問題はなく、混在していても構いません。

関連記事

no image

死活監視

死活監視とは、Webサイト(Webサーバー)やシステムが動作しているかどうか、別のシステムから確認す

記事を読む

no image

アクセス解析

アクセス解析とは、アクセスログを分析してサイトの訪問数やページビューなどのデータを得ることをいいます

記事を読む

no image

独自ドメイン

独自ドメインとは、レンタルサーバーやブログサービスなどを契約した時に付与されるドメイン(サブドメイン

記事を読む

no image

HTML

HTMLとは、HyperText Markup Languageの略で、ウェブ上の文書を記述するため

記事を読む

no image

CSS

CSSとは、Cascading Style Sheets(カスケーディング・スタイル・シート)の略で

記事を読む

no image

SSL

SSLとは、HTTPにセキュリティー強化の機能を加える規格です。 現在インターネットで広く使われて

記事を読む

no image

MySQL

MySQLとは、PostgreSQLと並ぶオープンソースRDBMSの一つで、世界で最も利用されている

記事を読む

no image

ドメイン

ドメインとは、ネットワークに接続しているコンピュータの場所を示すもので、いわばインターネット上の「住

記事を読む

no image

iDC(インターネットデータセンター)

iDC(インターネットデータセンター)とは、利用者のサーバーを預かり、インターネットへの接続回線や保

記事を読む

no image

ssh

sshとはSecure Shellの略で、暗号や認証の技術を利用して、安全にリモートコンピュータと通

記事を読む

PAGE TOP ↑