SSL

SSLとは、HTTPにセキュリティー強化の機能を加える規格です。
現在インターネットで広く使われているWWWやFTPなどのデータを暗号化し、プライバシーに関わる情報やクレジットカード番号などを安全に送受信することができます。

金融機関やEコマースのサイトで見られる「https」や、ファイル転送時に利用する「ftps」などがこれにあたります。

SSLを利用するには、サーバにSSLサーバ証明書を導入します。
SSLサーバ証明書は、べりサインやジオトラストなどの第三者機関(認証局)が発行する電子証明書で、「ウェブサイト所有者の確認」と「通信データの暗号化」の2つの機能を持っています。

各種カード番号や個人情報などをあつかうサイトでは、必須といっていいぐらいの重要な技術で、多くのレンタルサーバーが対応しています。

関連記事

no image

.htaccess

.htaccess(ドットエイチティーアクセス)とは、ApacheなどのWEBサーバの設定ファイルの

記事を読む

no image

CGI

CGIとは、Common Gateway Interface(コモン・ゲートウェイ・インタフェース)

記事を読む

no image

FTP

FTPとは、TCP/IPネットワークでファイルを転送するときに使われるプロトコルのことです。 FT

記事を読む

no image

アクセスログ

アクセスログとは、Webサーバーへのアクセス時間や接続元のIPアドレス、ユーザーエージェントなどの記

記事を読む

no image

ネームサーバー

ネームサーバーとは、ドメイン名をIPアドレスに変換する為のコンピュータのことです。 全世界のネーム

記事を読む

no image

死活監視

死活監視とは、Webサイト(Webサーバー)やシステムが動作しているかどうか、別のシステムから確認す

記事を読む

no image

ssh

sshとはSecure Shellの略で、暗号や認証の技術を利用して、安全にリモートコンピュータと通

記事を読む

no image

サーバー稼働率

サーバー稼働率とは、その名の通り、サーバーが稼働している割合のことです。 数値が高ければ高いほど安

記事を読む

no image

MySQL

MySQLとは、PostgreSQLと並ぶオープンソースRDBMSの一つで、世界で最も利用されている

記事を読む

no image

プレミアムドメイン

プレミアムドメインとは、その名のとおり価値のあるドメインのことです。 例えば、英単語を含む文字列の

記事を読む

PAGE TOP ↑