独自ドメインのメリットは?

個人・法人を問わずWEBサイトを運営する際には、ドメインが必要になります。
ドメインとは、ネットワークに接続しているコンピュータの場所を示すもので、簡単に言うとインターネット上の「住所」にあたります。

サイトをWEB上に公開する場合、自身でドメインを取得して設定する方法と、プロバイダやレンタルサーバー事業者で取得しているドメインを間借りする方法の2種類があります。
前者は独自ドメインと呼ばれ、後者に比べ様々なメリットがあると言われていますが、具体的にはどんなものなのでしょうか?

今回は、両者を比較し、独自ドメインにどのようなメリットがあるのか解説していきたいと思います。

独自ドメインのメリット・デメリット
メリット デメリット
・ブランド力の向上が期待できる
・SEOに強い
・サーバー移転時などにドメインの変更が不要
・有料で維持費が掛かる
・サーバーの設定が必要になる

ブランド力の向上が期待できる

独自ドメインを取得する目的の大半がこれではないでしょうか。
独自ドメインは、自身でURLの文字列を決めることができます。
このサイトでは、http://rsv-rank.infoの太字の部分がそうです。
これにより、ユーザーにとって分かりやすく、インパクトのあるURLにできます。

例えば、ブランドのサイトの場合、

http://[ブランド名].rsv-rank.info/
よりも
http://[ブランド名].com/

のほうが、前者よりも明らかにシンプルで、覚えやすくなっていると思います。
また、URLだけでもそのブランドのサイトであることが伝わりやすく、アクセスする側に安心感を与えます。

こうしたシンプルでインパクトのあるURLは、広告にURLを乗せる際にも大きな効果を発揮します。
「たかがURL」なんて油断している方は、既に大きな機会損失を生んでしまっているかもしれませんよ?


SEOに強い

これも独自ドメインの大きなメリットです。
独自ドメインは自身で文字列を決められるため、ドメイン内に「キーワード」を含めることが可能です。
「ボディソープ」というキーワードでサイトを構築したい場合は、「bodysoap.com」などとしてあげることで、キーワードとサイトとの関連性を高めることができます。

また、一般的に、無料ブログやレンタルサーバーなどから付与されるドメインは、他の利用者との共用になります。

(例)
【Aさん】中古車情報サイト
http://chukosya.rsv-rank.info

【Bさん】料理ブログ
http://kyounobangohan.rsv-rank.info

【Cさん】レンタルサーバーの比較サイト
http://rentalserverhikaku.rsv-rank.info


上記は、検索エンジンからはrsv-rank.infoのサブドメインで構築された別サイトと認識され、それぞれが独自の評価を受けられます。
ですが、ドメイン自体がもつ評価はどうなるでしょうか?

こうした場合、ドメインを株分けすることになり、ドメイン自体の効力が落ちると言われています。
独自ドメインに近い役割をもつサブドメインでも、利用者が多ければ多いほど元のドメインの効力が落ちていくことになります。

他に、
http://rsv-rank.info/your-site/
のようなサブディレクトリ型のドメインが付与されるサービス(amebloなど)もあります。
この場合はrsv-rank.infoと同一サイトとして認識されることが多く、ドメインの評価での恩恵も受けられます。

しかし、検索エンジンでは、同一ドメインの記事表示数に上限があります。

Amebloでいえば、「レンタルサーバー 比較」での検索に対し、Amebloサービス内で上位選抜された記事しか検索結果には表示されません。
それ以外は、残念ながら表示されません
さらに、ユーザーごとに記事にするジャンルも異なるため、特定ジャンルに特化した評価も得られません。
無料ブログがSEOに弱いと言われる理由はここにあります。


独自ドメインであれば、こうしたドメイン効力の分散もなく、ジャンルに特化した評価を得られるため、SEOを有利に進めることができます。
もちろん、検索で上位に表示されるには技術も努力も必要となりますが・・・。


サーバー移転時などにドメインの変更が不要

無料ブログやレンタルサーバー事業者から付与されたドメインでサイトを運営した場合、基本的にサーバーの移転や引越しが行えません。
例えば、その会社が大きなミスをしたり倒産してしまったりすると、運営していたサイトは閉鎖するか、ドメインを変更して引越しするしかありません。
ドメインが変更となった場合、せっかく育てたサイトの評価も引き継ぐことができず、1からのスタートとなります。
きちんとリダイレクトできればSEO上は問題ありませんが、急なサーバー停止などには対応できないませんし、そもそも設定できない場合もあります。

独自ドメインで運用されているサイトであれば、ドメインの向き先を新しいサーバーに向けてあげればいいので、リスクとコストの軽減に繋がります。


デメリット

デメリットというか、当然のことですが、独自ドメインは利用料金が掛かります。
とはいっても、年間1,000円以下のドメインもありますし、.jpでも3,000円~4,000円程度です。
独自ドメインにすることで得られるメリットを考えると、ここはぜひお金を出したいところです。

また、独自ドメインを取得しても、サーバーに設定してあげないと利用できません。
設定といっても、大抵はネームサーバーの情報をコピペするだけなので、ドメイン取得事業者のサイトと、利用するサーバー事業者のサイトを見れば問題ないでしょう。


まとめ

独自ドメインのメリット・デメリットを解説してきましたが、お分かりいただけましたでしょうか?
もちろん、サイトによって目的や掛けられるコストも変わってくるため、独自ドメインでなければならないとはいきませんが、独自ドメインにすることで非常に大きな恩恵を受けられます。
気になった方は、ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。

関連記事

no image

オールドドメインの取得は慎重に

オールドドメインとは? まず、はじめにオールドドメインについて簡単に解説します。 オールドド

記事を読む

no image

日本語ドメインのメリット・デメリット

日本語ドメインとは、その名の通り日本語のドメインのことです。 例えば、「法律相談.com」などがそ

記事を読む

no image

ドメイン取得サービスランキング

ムームードメイン ロリポップレンタルサーバーを提供しているpaperboy&c

記事を読む

  • tOqIoNgVisSae (by toradol for migraines)
    【サーバー】 ロリポップ
    【プラン】 volSVKaWHUO ( 1~2年 )
    感想
    toradol 60 mg, ... [続きを読む]
    皆様からの評価・クチコミを募集しています。
    ぜひ気軽にご利用ください。
PAGE TOP ↑