アドセンスの高額キーワードで効率よく稼ぐ

Google Adsenseは、サイトに表示された広告をユーザーがクリックすることによって広告収入が発生する「クリック報酬型」アフィリエイトです。

広告収入 = クリック単価 × クリック回数

という、シンプルな計算式になっているので、経験があればある程度の予測がたてやすい印象です。
サイトに表示されるアドセンス広告は、基本的にサイトのジャンルや文章に含まれるキーワードで決定されます。

クリック単価について

Google Adsenseで表示される広告は、Google Adwordsで出稿されている広告です。
Adwordsで広告主が設定した価格を元にクリック単価が計算されています。
Googleの収入となるマージンがどの程度かは公表されていませんが、Adwordsでの設定単価が高い広告ほどAdsenseの報酬が高額になります。

高額キーワードとは?

Google Adsenseは、広告によってクリックされた際の報酬が異なり、これは関連するキーワードで大きく差があります。
この報酬が高額となるキーワードを「高額キーワード」といい、中には1クリック数千円となるようなものもあります。

検索ボリュームや競合数などによって広告出稿の相場が上下し、競争率・客単価の高いものが高額キーワードになります。

例えば、

・中古ブランド
・出会い/結婚
・クレジットカード
・消費者金融
・各種保険

などに関連するキーワードが高額キーワードとなりやすいです。
こういったキーワードをサイト内に盛り込むことで、広告のクリック単価を上げ、効率よく稼ぐことが可能になります。

アドセンスの高額キーワードを探す方法

高額キーワードでのサイト作り

当然のことですが、クリック単価の低い広告が表示されるサイトと高額キーワードが表示されるサイトを比較すると、同じ報酬額を達成するには後者のほうが少ないページビューで済みます(クリック率が同じと仮定)。
クリック単価が10倍違うとすれば、必要なページビューは10分の1で済むので、非常に効率的です。
これはAdsenseに限らず、他のアフィリエイトでも同様です。

そして、その分ライバルが多いのも事実です。
検索の上位表示や他のアクセスを集めるなどの努力が必要となり、効率がよいからといって楽な道ではないことを覚えておいてください。

関連記事

no image

クリック単価を左右するスマートプライシング

Adsenseには、「スマートプライシング」というものが存在します。 このスマートプライシングはA

記事を読む

no image

アドセンスの高額キーワードを探す方法

Google Adsenseやその他のマッチング広告では、キーワードによってクリック単価が異なります

記事を読む

PAGE TOP ↑