アドセンスの高額キーワードを探す方法

Google Adsenseやその他のマッチング広告では、キーワードによってクリック単価が異なります。
上手く高額キーワードでサイトを構成できれば、非常に効率よく広告収入を得ることができるようになります。

では、高額キーワードはどうやって探せばいいのでしょうか?

高額キーワードを探す

アドセンスは、Google Adwordsで設定された価格を元にクリックされた時の報酬額が計算されています。
詳しい計算式は公表されていませんが、Adwordsでの設定価格が高ければ高いほど、クリック時の報酬も高額になると考えてOKです。
つまり、Adwordsでの設定価格の高いキーワードを探すのが、高額キーワードを見つける一番手っ取り早い方法になります。

キーワードプランナー(キーワードツール)を使う

Adwordsでは現在、キーワードプランナーという機能が提供されています。
これは、以前提供されていたキーワードツールと御見積計算ツールが統合したものです。

今回は、このキーワードプランナー機能を使って高額キーワードを探していきます。

使い方

まず、Google Adwordsにログインします。
ログインにはGoogleアカウントが必要なので、まだの方は取得してください。
adwords-keywordplanner1 ログイン後、画面上部のタブメニュー「運用ツール」内の「キーワードプランナー」を選択します。

以下の画面が表示されるので、「新しいキーワードと広告グループの候補を検索」を選択します。
adwords-keywordplanner2 今回は、「過払い請求」とそれに関連するキーワードについて調べてみます。
宣伝する商品やサービスの欄にキーワードを入力し、候補を取得をクリックします。
adwords-keywordplanner3 すると、以下のような画面が表示されます。
adwords-keywordplanner4 このままではちょっと見辛いので、「キーワード候補」のタブをクリックします。
adwords-keywordplanner5 いかがでしょう?
関連性の高いキーワード群と、それぞれの月間平均検索ボリューム、競合性、推奨入札単価などがリスト表示されます。
この「推奨入札単価」というのが広告のおおよその設定価格になります。
どれも1,000円を超える高額なキーワードが表示されているので、「過払い請求」はかなり高額なキーワードであるといえます。

あとは、月間平均検索ボリュームや競合性なども参考に、サイト作りに反映していきます。
上記の他にも様々なデータが見られるので、他の検索方法や絞込みなども試してみるといいでしょう。

こういった感じで高額キーワードを探していきます。
地道な作業ですが、ここで競合サイトと差別化できればSEOなどの施策難易度も劇的に変わってくるので、ぜひ頑張っておきたいところです。

関連記事

no image

クリック単価を左右するスマートプライシング

Adsenseには、「スマートプライシング」というものが存在します。 このスマートプライシングはA

記事を読む

no image

アドセンスの高額キーワードで効率よく稼ぐ

Google Adsenseは、サイトに表示された広告をユーザーがクリックすることによって広告収入が

記事を読む

  • ycDECNFTVOQd (by amoxicillin online pharmacy)
    【サーバー】 ロリポップ
    【プラン】 ixQneWyrfZnD ( 1~2年 )
    感想
    amoxicillin, ... [続きを読む]
    皆様からの評価・クチコミを募集しています。
    ぜひ気軽にご利用ください。
PAGE TOP ↑