アダルトサイト運営、どこまでOK?

日本国内でアダルトサイトを運営する場合、多くの禁止事項や制限があります。
簡単にまとめると、以下のような感じです。

禁止事項

児童買春・児童ポルノ禁止法に抵触する内容の公開

日本だけでなく、世界的に禁止されています。
現在では、単純所持やアニメ・漫画まで問題視されているので、掲載するコンテンツには十分注意しておかなければなりません。


18歳未満の閲覧

18歳未満の訪問者による閲覧はNGです。当然ですね。
完全に防ぐことは困難ですが、サイトTOPやコンテンツ利用時に年齢認証を行うなどの努力をしなければなりません。


無修正コンテンツの公開

アダルトサイトでもAVでも、無修正コンテンツの公開はしてはいけません。
動画でも画像でも、必ず局部にはモザイクやボカシを入れる必要があります。
また、ASPなどを利用する場合は、バナーなどにも気をつけなければなりません。


芸能人や有名人の写真・名前の無断利用

一部のアダルトサイトでは、芸能人やアイドルの画像や名前で集客していることがあります。
アダルトサイトに限らず、無断で利用することはパブリシティ権や肖像権の侵害にあたるためNGです。
「他の人がやっているから・・・」といってマネしないようにしましょう。


著作権侵害にあたるコンテンツの掲載

これもアダルトサイトに限らず禁止されています。
動画・画像以外にも、他のサイトや書籍からのテキストの無断利用なども著作権侵害となるので注意しましょう。


注意点

有料サイトは風営法の届出が必要

アダルトコンテンツを販売したり、有料会員制のサイトを運営する場合は、風俗営業として届出が必要になります。
ライブチャットなども同様に届出が必要です。
無許可で営業した場合は逮捕となるので、必ず届出をだしましょう。


無修正コンテンツを公開しているサイトへのリンク

これは明確に禁止されているわけではありませんが、かなりグレーです。
実際やっている方もいますが、将来的には規制対象となる可能性もあるので、注意しておきたいところです。


レンタルサーバーの利用規約で禁止されていないか

多くのレンタルサーバーでは、アダルトコンテンツの掲載が禁止されています。
アダルトサイトは比較的アクセスが集中しやすく、問題となる場合が多いからです。
アダルトサイトの運営がOKなレンタルサーバーは、以下をご確認ください。



まとめ

基本的には上に列挙した事項で問題がなければOKです。
上記以外にも、新たに法改正で新たに禁止事項が加わることも考えられるので、運営する前に入念に調べでおきましょう。
法に触れてしまってはただの犯罪です。
アダルトサイトとはいっても、安全で健全な運営を心がけてください。

関連記事

no image

.htaccessで画像の直リンクを防止する

写真の転載を防いだり、直リンクでサーバーに負荷が掛からないようにしたり・・・ 直リンクをさせたくな

記事を読む

no image

リピーターを増やすために意識すべき5つのポイント

サイトを運営する上で、リピーターの存在は非常に重要です。 コメントを残してくれたり、何度も商品を購

記事を読む

no image

サイトの表示を高速化する方法

ページの表示速度が遅くなると、様々な問題があります。 ・離脱率の増加 ・コンバージョン率の低

記事を読む

no image

ユーザーに嫌われないサイト作り

サイトを運営する、そこには必ず利用者がいます。 一般消費者向けのサイトも、企業向けのサイトも、主婦

記事を読む

PAGE TOP ↑