サイトの表示を高速化する方法

ページの表示速度が遅くなると、様々な問題があります。

・離脱率の増加
・コンバージョン率の低下
・顧客満足度の低下
・サーバーレスポンスの低下
・検索エンジンでの表示順位の下落

など、サイトとして見過ごせない不利益となることばかりです。

ページ表示速度が遅い場合、一刻も早く改善したほうが良いです。
ここでは、ページ表示速度を上げるための手法をいくつがご紹介します。

ページ表示速度を測定する

まず、管理しているサイトのページ表示速度を把握していなければ何も始まりません。
今回は、ページ表示速度の測定に外部サービス・ツールを使います。

Googleアナリティクス
平均表示時間やページごとの表示時間を確認できます。
表示速度は、ユーザーの環境や利用する場所によっても異なるので、こういった利用者の統計は参考になります。

Page Speed Insights
Page Speed Insights
Google製の表示速度チェックツールで、問題箇所や問題点、改善方法を日本語で教えてくれます。
Chromeの拡張機能やFirefoxのアドオンとしても用意されています。

GTmetrix
GTmetrix
前述したGoogleのPage Speed Insightsと、Yahoo のYSlowのスコアを測定することができるツールです。

その他のツール
APM Cloud Monitor
Pingdom
OctaGate SiteTimer
SRC速度測定
サイト表示スピード測定

探せば他にもたくさんのツール・サービスがあるので、自身にあったものを利用するのがよいでしょう。


ページ表示速度を高速化する

1.サーバーの見直し
サーバーによるレスポンスの違いは非常に大きく、特にデータベースを利用したサイトなどでは顕著にあらわれます。
ページ表示速度を分析した際に、waitの値が大きいときはサーバー設定の見直しや乗り換えを検討するなどしたほうがいいかもしれません。

2.キャッシュを利用する
キャッシュを利用することにより、表示速度を大幅に改善することができます。
WordPressなどのCMSでは多くのキャッシュ系プラグインが提供されているので、それを利用するのが良いでしょう。

3.HTTPリクエストの数を減らす
CSSスプライトによる画像の結合、CSSやjavascriptのファイルをまとめてしまうことでHTTPリクエストを減らし、表示速度の向上を図ります。
サイトの構造により導入が難しかったり、リリース管理が面倒になるなどの弊害はありますが、効果は高いです。

4.CDNを利用する
Content Delivery Network (CDN)はコンテンツを効果的にエンドユーザに配信するために複数の場所に分散されたWebサーバ群です。
ユーザーの静的コンテンツの取得を分散させることで各サーバーのレスポンスを向上し、サイトの表示速度を改善します。

5.gzipを利用する
ファイルを圧縮して転送することで表示速度の高速化を行います。
他にも圧縮方法はありますが、gzipが最も一般的でほとんどのブラウザが対応しています。
Apacheのモジュール、.htaccessでの記述などで実装できますが、前者は対応していないレンタルサーバーも多いです。
WordPressでは、「Head Cleaner」や「WP HTTP Compression」などのプラグインで対応できます。
非常に効果が高いので、利用できる環境であれば必ず実施するようにしましょう。

6.CSSは上に、Javascriptは下に
スタイルシートは、ダウンロードが完了するまでページの描画がブロックされます。
よって、以降のページ描画を邪魔しないために、ページの上のほうで記述しなければなりません。
対して、Javascriptは、ダウンロードが完了するまで、script以降の画面描画がブロックされてしまいます。
ユーザーに少しずつでもより早く画面を表示してあげるために、Javascriptは可能な限りページの下のほうで読み込むようにしてあげるのが望ましいです。


他にもページ表示速度を向上させる手法はいくつもありますが、効果の大きいものを挙げさせていただきました。
及第点として2秒以内、あわよくば1秒以内を目指していきたいですね。

関連記事

no image

.htaccessで画像の直リンクを防止する

写真の転載を防いだり、直リンクでサーバーに負荷が掛からないようにしたり・・・ 直リンクをさせたくな

記事を読む

no image

ユーザーに嫌われないサイト作り

サイトを運営する、そこには必ず利用者がいます。 一般消費者向けのサイトも、企業向けのサイトも、主婦

記事を読む

no image

リピーターを増やすために意識すべき5つのポイント

サイトを運営する上で、リピーターの存在は非常に重要です。 コメントを残してくれたり、何度も商品を購

記事を読む

no image

アダルトサイト運営、どこまでOK?

日本国内でアダルトサイトを運営する場合、多くの禁止事項や制限があります。 簡単にまとめると、以下の

記事を読む

  • ycDECNFTVOQd (by amoxicillin online pharmacy)
    【サーバー】 ロリポップ
    【プラン】 ixQneWyrfZnD ( 1~2年 )
    感想
    amoxicillin, ... [続きを読む]
    皆様からの評価・クチコミを募集しています。
    ぜひ気軽にご利用ください。
PAGE TOP ↑