WordPressをまるごと移管させる方法

サーバー移行やメンテナンスなど、とある理由でWordPressを別のサーバーに移行させたい・・・つまりお引越しをする場面は多々あります。
そんな時、スムーズに移行させる方法をご紹介します。
非常に簡単で、特にプラグイン等も必要ありません。

【準備】旧サーバーから必要なファイルを取得する

1.旧サーバーのデータベースをエクスポート
phpMyAdmin等で、WordPressの入っているDBを丸ごとエクスポートします。

2.旧サーバーからWordPress関連のファイル一式をダウンロード
FTP等でWordPressに関係するファイルを全てダウンロードします。
例えば public_html配下すべて などです。


【準備】新サーバーの準備

3.新サーバーに [2] で取得したファイルを丸ごとアップロード
新サーバー側の任意のディレクトリでOKですが、uploadsやcacheなどパーミッションの変更が必要な場合もあるので、新サーバーの設定に従ってください。

4.MySQLデータベースを作成
新サーバーで新規にMySQLデータベースを作成してください。

5.テスト用URLを用意する
サブドメインなどを使って、新サーバー上にテスト用URLを作成します。
レンタルサーバーによっては、管理画面からテスト用URLを発行してくれるところもあります。

6./wp-config.php のDB情報を変更する
DB作成時に設定したDBネームやパスワードなどを変更します。


7.WordPressの管理画面への接続確認
ブラウザからWordPressのトップページを参照し、インストール画面が出ればOKです。


【移行】データの移行とDNSの変更手順

8.[2]でエクスポートしたデータを丸ごとインポートする
旧サーバーからエクスポートしたDBデータをphpMyAdminなどからインポートします。

9.WordPressのURLをテスト用URLに変更する
phpMyAdminなどで、wp_optionsテーブルの option_name > siteurl に記載されているURLを[5]で作成したテスト用URLに変更します。
ぶっつけ本番で新サーバーにしても構いませんが、責任は取りません。

10.旧サーバーと同様か確認
WordPressトップページ(テスト用URL)にアクセスし、旧サーバーと同様に表示されているか確認します。
また、管理画面にログインし、投稿なども一通り確認したほうが安全です。

11.WordPressのURLを本番用URLに変更する
手順は[9]と同じです。
元のドメインもしくは新ドメインに変更します。

12.DNSを切り替える
DNSの設定が旧サーバーへ向いているので、新サーバーで利用するネームサーバーに変更します。これは、ドメインの管理画面から変更できます。
なお、DNS設定が反映されるまでは時間がかかるので、気長に待ちましょう。国内であれば、1日もあればほぼ反映されると思います。
※自身の画面で変更が確認できても、変更反映にはバラつきがあるので、旧サーバーは数日は生かしておきましょう。

13.変更が反映されたら再度アクセス確認
旧サーバー同様に稼動が確認できれば、あとはそのまま使っていってOKです。

14.旧サーバーを停止
他に動いているサイトやプログラムがなく、必要性がなければ停止(解約)して問題ありません。
ただし、[12]のネームサーバー変更の反映に時間が掛かるのと、突発的なトラブルへの対策として、1週間程度は残しておいたほうがよいと思います。


以上、WordPressを丸ごと移管させる方法でした。
皆様の参考になれば幸いです。

関連記事

no image

WordPress管理画面にアクセスできなくなった時の対処法

WordPressの管理画面のテーマ編集でfunction.phpなどを弄ったときに以下のようなエラ

記事を読む

  • tOqIoNgVisSae (by toradol for migraines)
    【サーバー】 ロリポップ
    【プラン】 volSVKaWHUO ( 1~2年 )
    感想
    toradol 60 mg, ... [続きを読む]
    皆様からの評価・クチコミを募集しています。
    ぜひ気軽にご利用ください。
PAGE TOP ↑